伝統文化、職人精神、先端のテクノロジー、生活文化やハイカルチャーを含む

正しい日本文化を発信。日本の次世代技術を発信。
それがJAPAN EXPOです。

協会理念

現代という時代は、情報と交通の発達により、世界は小さくなり、さまざまな仕組みが急速に変わっています。
フラットで新しい世界への潮流のなか、新たなマーケットに挑戦するフロンティア精神がいまこそ必要です。
これからの時代は、ユニークな個性が際立つ時代です。
最先端に立つ個性が、フラットな世界とつながり、新たな文化を生み出していきます。
日本は、多くの魅力があるにもかかわらず、その魅力がまだまだ世界に届いていないと言われています。
いまこそ世界有数のステージから、日本の「おもてなし」の心を秘めた貴社と貴社の商品の価値を世界に
広めるチャンスとしてください。

沿革

1980年 ロサンゼルス・コンベンション・センター(LACC)にてJAPAN EXPO開催/以来、例年開催
2000年 US-JAPAN EXPO LACCにて開催/料理の鉄人(和・森本正治)
2001年 EXPLORE EXPO 京都大夫/飯島マリコンサート/ミス・ジャパンエキスポ開催
2002年 JAPAN EXPO FOUNDATION 米国財団法人化/BEST of JAPAN開催
2003年 US-JAPAN 150(ペリー来航150周年記念)開催
2004年 JAPAN EXPO 25周年記念 優秀作品賞(映画:ラストサムライ)寿司イベント開催
2005年 PEACE60 (終戦60周年記念)ステージ武道大会/ビデオゲームコンテスト開催
2006年 DISCOVER JAPAN 京舞(太鼓・尺八)開催
2007年 The Aesthetics And Art開催 人形師・辻村寿三郎・吉田兄弟公演
2008年 JAPAN Art開催 歌舞伎公演
2009年 活動休止
2010年 活動休止
2011年 東北大震災のため、活動休止
2012年 東北大震災のため、活動自粛
2013年 日本財団と協力し、ロサンゼルスのリトルトーキョーにある本願寺にてパネルディスカッション開催
出演:川嶋舟氏、クリフトン・トルーマン・ダニエル(トルーマン大統領の孫)
2014年 福島県において、大量の鯉のぼりを掲げる事業を実施
2015年 ロサンゼルス・コンベンション・センター(LACC)にて「2015 JAPAN EXPO」を開催
2016年 横浜SOGO美術館にて「レンブラントリ・クリエイト展」支援/子どもに送る音楽会協力
2017年 活動休止
2018年 京都にてデビッドボウイ3回忌追善法要
2019年 活動休止
2020年 カザフスタン共和国にて「JAPAN EXPO 2020」新型コロナ感染拡大により延期
2021年 ロサンゼルス・コンベンション・センター(LACC)にて「JAPAN EXPO 2021」を開催予定
2022年 中国 海南島にて「JAPAN EXPO 2022」を開催予定

イベント開催予定国

第一回開催から40余年、ジャパンエキスポがこだわってきた事。それは「本物の日本」と「絆を大事に
する事」。グローバル時代を生きる日本人としての誇りと、継承された「文化」や「技術」を中心に、また
近年のアニメ・マンガ・コスプレなどの日本発のエーターテイメントなどにを紹介し、伝統や歴史を踏ま
えて正常進化を続ける日本を世界に発信していきます。
今後のジャパンエキスポは国際レベルにするために、2021年から日本だけではなく開催国、参加国か
らの「文化・芸術・技術」を世界に紹介する事で、グローバルな展示会を目的として開催していきます。
また、考え方として展示会、フォーラム、フェスティバル、常設展示場を目的とし、多種多様な事業を展
開するインターナショナルなジャパンエキスポを目指して参ります。

開催予定国
ロスアンゼルス、海南島、台北、カンボジア、ドバイ、スリランカ、カザフスタン、
カタール、ナイジェリア、 アゼルバイジャン

お問合せ